Yo-craft ヨークラフト

マイクラの都市建築がメインです。シムシティ、旅行、鉄道などの雑記もあります。

幻の豪華列車「夢空間」の保存車を見に埼玉へ [訪問記]

こんにちは!Yo-craftです。

 

今回は、豪華列車夢空間の保存車を見に、埼玉県三郷市にあるららぽーと新三郷」を訪れたので、その紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

夢空間」とは?

 

現在、日本各地で様々な豪華列車が運行されています。JR東日本の「TRAIN SUITE四季島」や、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS瑞風」、JR九州の「ななつ星in九州」が筆頭でしょう。「夢空間」はそんな豪華列車の先駆けとも言える存在です。

 

夢空間」は、1989年に製造されました。前年にヨーロッパの豪華列車「オリエント急行」が来日しており、その影響を強く受けたとされています。製造されたのは3両で、運用としては、「北斗星」などの団体専用列車、臨時列車に併設され用いられました。

 

そして2008年に引退。3両のうち、2両が「ららぽーと新三郷」に、1両が東京都江東区の飲食店に移設されました。

 

今回は、「ららぽーと新三郷」に移設された2両を見てきました。

 

ららぽーと新三郷の所在地

ららぽーと新三郷」の最寄駅は武蔵野線三郷駅です。

 

駅からすぐのところにあり、駅から店舗へは、ペデストリアンデッキで繋がっているため、駅からのアクセスは容易です。

f:id:Yo-craft:20210222120501j:image

 

オハフ25 901「ラウンジカー」を見る

それでは実際に車両を見ていきます。2両は敷地内の別々の場所にあります。まずは、「ラウンジカー」へと向かいます。駅からデッキで向かうと歩いてすぐのところにあります。

 

こちらがそのオハフ25 901「ラウンジカー」です。

f:id:Yo-craft:20210222120549j:image

 

 ロビーカーで、室内にはピアノもあったそうです。普段は休憩スペースとして一般開放されて内部に入ることができるようなのですが、私が訪れた際は入れませんでした。コロナの影響でしょうか。残念です。

f:id:Yo-craft:20210222120606j:image

 

オシ25 901 「ダイニングカー」を見る

 

続いて「ダイニングカー」を見に行きます。先程の「ラウンジカー」とは少し離れた、駐車場の側にあります。

 

こちらがそのオシ25 901 「ダイニングカー」です。逆光ですみません。

f:id:Yo-craft:20210222120638j:image

 

見ての通り、展望室がある、食堂車です。個室や厨房も有していたそうです。こちらは普段から内部へは入れないみたいです。また、2車両とも、屋外の屋根もないところにあるので、車体の痛みが目立つところもありました。ここに限った話ではないですが、屋外での車両の保存は課題が多そうです。

f:id:Yo-craft:20210222120731j:image

 

まとめ

豪華列車の先駆けとも言える「夢空間」、それが身近なショッピングセンターにあるとは驚きでした。私は、「夢空間」の現役の時の姿を見たことがないので、ここで見れたのは大きいです。

ららぽーと「新三郷」は中々の規模があるので、ショッピングのついでに見に来てはどうでしょうか。

 

それでは今回の記事は以上となります。ご覧頂きありがとうございました!